« 明神山 | トップページ | 笠形山 »

2020年7月16日 (木)

三岳

梅雨もそろそろ終わりかと
今日は、なんとか天気が良さそうだと
前回に小金ヶ岳に久しぶりに登った時に
気になっていた、三岳(三嶽)793.4mに登る

20071601

大淀の駐車場に来ると、誰も居ない
気温は20度、曇り、頂上はガスがかかっている
支度をして、久しぶりに三岳に登りだす。
最初は落ち葉が腐葉土になり足元が優しい山道と思っていたら
こんなに階段が有ったのかなと思うぐらい不ぞろいの階段が続く
足の膝より高い枕木の階段と丸太の階段が入交、超歩き難い。

20071603

途中、倒木が有ったりするが比較的山道は整備されている

20071604

頂上に近づくと、だんだんとガスが濃ゆくなってきた

20071605

頂上に着くと、中継局のアンテナが有り、羅針盤が有る

20071606

ここから、西の展望台まで行こうと前進するが、ガスで何も見えないので
300mぐら進んだ処から引き返してきた。
羅針盤が丁度良いテーブルなので、お湯を沸かしてコーヒーを入れて一服

20071609

ちょっとだけ無線をしてから、霧雨が降ってきたので下山する
途中の避難小屋と書いてあったので見ると東屋かと

20071610

石の祠もよく見ると、立派に石積みだと、中を覗くとちょっと荒れていた

20071611

苔むした林道も、この天気だと癒される

20071612

不揃いの階段も、登りは足のピッチが合わなかったが、
下りは、歩幅と歩くタイミングが合いやすいと感心する。
ただ油断は禁物、丸太の階段で滑って、肘を打つ。

20071613

なんだかんだで、下りは30分もかからない
駐車場に戻ると、今日は僕一人だった。

20071614

帰りに、試しに大淀から北の方に走ると、京都の片隅に出る。
抜け道を探すが細い道路で、舗装はされているが車の幅より狭いので諦め、
結局うろうろして、9号線に出て、175号線で戻ってくる
山登りより車の運転時間が長いドライブになってしまった。

 

 

|

« 明神山 | トップページ | 笠形山 »

兵庫の山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明神山 | トップページ | 笠形山 »