« アカバナユウゲショウ | トップページ | 阪VS広 »

2007年8月18日 (土)

オシロイバナ

070818a  オシロイバナ(白粉花)は、別名ユウゲショウ「夕化粧」とも言う。もちろん夕方から咲くからの名前だが、早朝散歩の6時頃も咲いているのを見かける。
 子供の頃、黒い堅い種を取って割ってみると「白い粉」が出てくる。ちょっと甘い香りと、その「おしろい」を顔や手に塗って遊んだりした事を思いだしたが、最近の子供は、そんな遊び方を知っているのだろうか?070818b_2
 オシロイバナも調べてみたらメキシコ原産の帰化植物で、根は「いも状」になり、「トリゴネリン」と言う毒性を持つので食べられないそうだ、近所の田んぼのあぜや、池の土手で野生化している。花の色は白や赤や黄色など色々だ・・・
 「夕化粧」と言う呼び方は前回の記事の「赤花夕化粧」とダブっているが、花の種類が全く違うので区別はつけ易い。

|

« アカバナユウゲショウ | トップページ | 阪VS広 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131681/16153312

この記事へのトラックバック一覧です: オシロイバナ:

« アカバナユウゲショウ | トップページ | 阪VS広 »