« 三木鉄道沿線を歩く | トップページ | 紅山で »

2008年3月15日 (土)

丹生山に再び

080315a 前回、丹生山系のシビレ山~帝釈山を歩いたが、丹生山に登っていなかったので、今日は登ってみる事にした。
 今日は、新しく買った30Lのトレッキングバックを背負ってウエイトもいつもより重く(約10kg)して自主トレーニングと沢の散策をしようと思って、順番に川沿いに登ってみたが、また、地図と万歩計を持ってくるのを忘れて、行き080315b当たりばったりの散策になってしまった。
 天気は快晴で、9:00過ぎに西下橋の空き地に車を置く、気温は高そうなのでウィンドブレーカーは脱いで歩きだすが荷物がいつもより重いので暑くなってくる!
 あぁ~気持ちよい天気だ・・・

通り抜け出来ません の看板は正しかった。沢の上流で道が無くなる。
夏だとこの沢を歩けば気持良さそうだが引き返す
080315c 080315d

ここから引き返し、次の道を探し登りだすが地元の人達がチェーンソーで薪き割りをしており、そこに居たおじさんにこの先は登れないと言われまた引き返す。
080315e 080315f

結局最初の登山口まで戻り、丹生山を登る(1時間半はうろうろ時間ロス)
舗装された道路で上りやすいが、ちょっと物足りないので道を変え鎖を越える
080315h 080315g_2

沢の所に出てきた!休憩するが、なぜか心地よいのでちょっと速い昼にするか
080315i 080315j

お昼は、カレーだ! レトルトのカレーと、ご飯を温めだすが
080315m 080315k

080315l  お湯で温められる、ご飯とカレーを近所の安売り店で買ってきて、クッカーで温めようとするがレトルトの袋が大きく無理やり入れる。ごはんは電子レンジだと一瞬なのにお湯だと12分か・・・(ボコボコとお湯こぼれる)
 ごはんにカレーを注いで、残りお湯で無印商品のスープとコーヒーを入れようとするが、沸騰してお湯がこぼれて、たりなくなり、また沸かす。
 今日の昼食は全部で330円にしたら上出来だ・・・
グリコのカレー職人☆☆☆restaurant
沢でクッカーを洗って、ゴミは持ち帰る・・・

さあ、丹生山に登るぞ・・と思いながらわき道に入ると熊の捕獲檻か?2箇所で発見
080315n_2 080315o_2

捕獲檻が有るのは熊は出るのかな?猪かな?
やっと丹生神社に、ここまで来て始めて人に会った。
080315p 080315q

帰りは林道を歩くが、竹林の中を歩くのが2箇所有った
080315r 080315s

やっと登り口に降りてきた。      宝物殿は何があるのかな?
080315t 080315u

080315x 今日も地図を忘れてきて、行き当たりばったりで、帰ってきてから、地図を見ていたら、お昼を食べた所から、もう少し奥で銅山跡に行けていたとか、残念・・・weep
 約4時間は歩いていたメタボ克服だ・・・
 新しく買ったトレッキングバッグ、背中にフレームが入っているので安定感が有って良かったけど、背中のフィット感は、もう少しフレームを調整してから背負えば良かったと、肩の疲れを感じながら、満杯したら重くて、それだけでも重労働だな・・・
 だけど、沢が有る山は癒されるね・・・
今度は銅山跡まで行って洞窟でも覗いてみよう!

|

« 三木鉄道沿線を歩く | トップページ | 紅山で »

コメント

ぶらり~☆さん
そうです、山の道具は高いので毎月1.5万円づつ揃えています。
独りで歩くだけでは楽しみが無いので、簡単な食事とかを楽しんでいます。
(けっこうインスタントでも美味しく食べられます)
食事の時間でのんびりと森林浴も楽しめるしね!(癒し)
花粉症は大変ですね、毎週山に行っていたら「治りました」よdelicious
町の花粉は排気ガスや黄砂や有害物質が多いけど、山の花粉は不純物が無いので楽ですよ!(30分もしたら慣れますよ)

投稿: 旅人 | 2008年3月16日 (日) 20:57

30Lのトレッキングバックとは・・・最近の山歩き装備で‘こづかい’がピンチなのでは?
自然の中でのお昼ご飯は美味しそう・・・でも私は山に近づけません~花粉症により最悪状態です♪ 

投稿: ぶらり~☆ デス | 2008年3月15日 (土) 23:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131681/40508461

この記事へのトラックバック一覧です: 丹生山に再び:

» メタボリックシンドローム撲滅改善隊 [メタボリックシンドローム撲滅改善隊]
メタボリックシンドローム [続きを読む]

受信: 2008年3月15日 (土) 19:21

« 三木鉄道沿線を歩く | トップページ | 紅山で »