« この花の名前シラン | トップページ | ホソミイトトンボ »

2008年5月16日 (金)

段ヶ峰縦走

080516a

今日は有給休暇一斉取得日で会社はお休みだ・・・・
朝から段ヶ峰「だるがみね」(1103m)に登ってみた。
播但自動車道の生野ICから栃原トンネルを抜け生野荘跡に車を置く。080516aa
達磨ヶ峰(912m)→フトウヶ峰(1082m)→段ヶ峰(1103m)と縦走して、林道を帰ってくる予定でいたが、段ヶ峰の頂上で合ったおじさんにフトウヶ峰まで戻り杉谷コースの沢を下った方が面白いと言われ、沢下りで林道に出て帰ってきた。

8:30分頃に生野荘跡に車を置き、「生野高原」登り口から登りだす。親切な看板と段ヶ峰で行方不明になったお尋ねの看板が有る。
080516b 080516ba_2

最初から急な上り坂、10分も登ると汗が噴出す・・・今日はなぜか足が重い・・・
080516c 080516ca

ふぅふう言いながら30分程登ると、笹の歩道に出る。体調がいまひとつ?
080516d 080516da

尾根沿いに歩くが天気が良く暑いが、少しづつ体調が良くなってくる
080516e 080516ea_2

やっと達磨ヶ峰に着く、ここでちょつと休憩する
080516f 080516fa

尾根沿いに快調に歩き出す。風が気持ちよいし展望も良い
080516g_2  080516ga

日差しが強く尾根沿いの木陰は嬉しい。アセビの木が多い
080516h 080516ha

手前に見える山が段ヶ峰、生野高原の最低コルだ・・また登り
080516i 080516ia

山つつじも満開  ・・・    振り返ると高原の景色が良い
080516j 080516ja

ここまで来たら後一息だ、   高原は気持ちよい・・振り返った達磨ヶ峰
080516k 080516ka

フトウヶ峰までもう少しだ・・・・ フトウヶ峰頂上
080516l 080516la_2

フトウヶ峰から見る段ヶ峰
080516m
アセビが多い・・   ・ 谷を見ると緑が綺麗
080516n 080516na

やっと段ヶ峰頂上(1103m)だ。視界は360度開けている
080516o 080516oa

ここで知り合ったおじさんにフトウヶ峰まで引き返し沢を下るルートに行く
080516p 080516pa

途中まで林間コースは歩きやすい、ここから沢の方に行くが道が判らない
出会ったおじさんも道が判り難いと言っていたけど何とかなるだろう・・・
080516q 080516qa

杉の木は倒れているし足場も悪いし岩がゴロゴロや急斜面など難所を乗り越えると、何とか沢に出る・・・だが・・・沢に出ても・・道無き道を進む・・・
080516r 080516ra

ここの大きな岩の上を渡ろうと・・滑って転ぶ・・痛・痛・・下から見たら急な一枚岩だった
080516s 080516sa

沢で平らな場所を探しお昼にする。前回買い過ぎた、雑炊セットを食べる。
ここの水はめちゃ冷たく、モミジの木も綺麗な場所だけど!二度と来れないだろう
080516t 080516ta

道が判らない沢を下ると大きな滝に遭遇した。何と言う滝だろう(感動)
落差15mぐらいか!上のほうの水しぶきの広がりが良いな~
080516u 080516ua

ここの滝は秘境だね(マイナスイオン)癒される。休憩・・・
080516v

滝を過ぎてから、道無き道を進むと、やっと道らしいわだちに出る林間コースの分岐点
080516w_2 080516wa_2

やっと林道に出ると熊注意! ここからだらだらした道路を4.5kmほど帰る
080516x 080516xa

野生のフジの花・・だらだらと別荘地やゴルフ場横を歩きやっと生野荘跡駐車場に
080516y 080516ya

やっとゴール、時計を見たら13:38分か・・・・5時間近く歩いている。
 万歩計を見たら21000歩近い、距離にしたら15k近いか?それにしても今日は最初の達磨ヶ峰の登りがしんどかったので途中止めようと思ったけど、高原の尾根沿いの見晴らしの良い風が心地よい所で体調が戻った。アップダウン1300mは歩いているので、良く頑張ったと思う。途中出会ったおじさんのアドバイスで杉谷の沢に行ったけど、あそこの滝は、いろいろと山歩きしだして見た滝の中で「最高の滝」だ・・・
080516za  フトウヶ峰の山道の水たまりでおたまじゃくしが居た!どんなカエルになるのかと思ったけど、けっこうカエルの鳴き声が聞こえていたので、1000m越える山にもカエルが居るのだと感心した。080516z
 帰りは国道312を走り、神崎町から笠形山北側を抜け岩屋の所で松ノ井の名水を汲む、冷たくて美味しい。 笠形山の裏からの登山道を確認しようとし たが、思っていた林道が閉鎖されていた。(残念)
 段ヶ峰は播但道を使うと1時間ちょっとで来れるので、今度は沢コース中心に攻めてみよう。(今日の縦走は歩きが長く疲れた)
 ブログ書いていたら顔がヒリヒリとする、今日の紫外線が強かったと、日焼け止めを持って行くのを忘れたのは不覚だったと反省・・・

|

« この花の名前シラン | トップページ | ホソミイトトンボ »

コメント

ぶらり~☆さん
金曜日は暑かったです。特に朝日に照らされての登りは疲れました。
帰りに歩いた沢だけど、全く道が無く苦労しました。モミジの木が多かったので、秋は良いところかもしれませんね。
次回は独りより仲間で行った方が安全ですね。
沢は滑りやすいから沢靴が必要ですね。
熊の出没も心配やし・・・

投稿: 旅人 | 2008年5月17日 (土) 21:28

こんな良い天気に「有給休暇一斉取得日」とは、うらやましい (^^)
私は昨日『葛城山ツツジ』で帽子に登山靴は忘れるわで・・・顔がツツジみたいに真っ赤っかデス 笑
二度と来れないだろうとおっしゃってますが、もみじが紅く染まる頃になったら、再び訪れたくなりませんか~?^^;

投稿: ぶらり~☆ デス | 2008年5月16日 (金) 23:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131681/41226003

この記事へのトラックバック一覧です: 段ヶ峰縦走:

« この花の名前シラン | トップページ | ホソミイトトンボ »