« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月30日 (土)

小春日よりの高御位山

100130_01  午後から暇だ・・・
 今年はまだ高御位山に登っていないと思いながら、長尾登山口から登りだすと、途中で息切れ・・・こんなにしんどかったかなと・・・高御位山神社でお参りして、鹿島神社まで縦走する。
 途中コーヒータイムとお湯を沸かしインスタントコーヒー・・・だけど登りは暖かいのを通り越して・・汗だく・・小春日和だ・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月26日 (火)

皿うどん

100126_01_2

 お昼は駅前の飛龍園の皿うどんを食べる
ふと麺の柔らかを注文・・?長崎の味かと、細麺の固い方はどんな味だろう

100126_02_2

帰りに博多駅の惣菜コーナーで370円のちゃんぽん弁当を買う・・新幹線の中で食べたけど370円と思えない美味さだった。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月25日 (月)

長崎ちゃんぽん

100125_01  久しぶりに九州方面に出張・・20時前に長崎駅に到着!・・やっぱり「長崎ちゃんぽん」食べなあかんとビジネスホテルにチェックインしてから、長崎新地中華街に行くtrain路面電車に120円で乗る。
 20時半がラストオーダーとか寂しいrestaurant・・坂本龍馬とか軍艦島とか出島など町はにぎやかと思ったが・・中華街は閑散としている。

 だけど「ちゃんぽん」は美味い・・beer最高・・エビケチャもlovely

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月23日 (土)

駒ノ尾で試す

100123_02

今日は、冬山アイテムを試したいと、さんろくメンバーで駒ノ尾を登る
頂上は氷点下3度・・天気は晴れ・・風は無し・・登っているのは僕らだけ
僕は寒くても使えるコンロバーナーとワンタッチアイゼンを試してみた。
思ったより良かったと・・他のメンバーも冬山アイテムを試して満足!
詳しくはさんろくクラブ「駒ノ尾で足慣らし」を見て下さい・・仲間のブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日)

京都をぷらぷら

100117_1  息子の下宿先に行った。
ちょっと時間有ったので
一乗寺かいわいを散策する。100117_2
 比叡山の登り口を探そうと山の方向に歩くと曼殊院にたどり着く。
途中に鷺森神社とか 雰囲気が良い
・・・歩いて比叡山までは一日かかりそうなので、今度ゆっくり来た時に登ってみよう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月10日 (日)

坂越の牡蠣は美味い

100110_02

今日は毎年恒例になってきた、「さんろくクラブ」の新春牡蠣ツアー
JR西相生駅に9:10に集合して・・年明け早々ハプニングの牡蠣ツアーになる
交通手段が電車と歩きなので・・酒も入りいい気分に・・遠慮なく酒が飲める
詳しくはさんろくクラブ「新春恒例の牡蠣ツアー」を見て下さい
一緒に行ったメンバーのブログ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月 3日 (日)

雪化粧の千ヶ峰

100103_01

千ヶ峰1005m・・・2010年の半分じゃないと・・2010mの山は有るのかと?
頂上は小雪舞う・・うっすらと雪景色・・2010年は最初はこんな感じでスタート
 本当は2日の夜に息子を京都下宿まで送るのに三木から宝塚~吹田と35Km以上の渋滞に巻き込まれ、何時もの倍の時間がかかり、家に帰ってきたのが、3日のAM2時前で、寝不足での山登りはきついので、今日の山歩きは7時集合で近場にしてもらいました。
詳しくは「さんろくクラブ」の記事と仲間のブログ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金)

あけましておめでとう

1001_03

 あけましておめでとうございます。
本年も、フルカラーのご愛好よろしくお願い致します。
朝から、小野の惣山(小野富士)に登ってきました。
元気な地元の方達と、ご来光を眺めてきました。
今年は7:15頃に右肩上がりの雲の上に眩しく輝きました。
反対側は満月のような月が紅山の上にありました。
 惣山の上で、「ブログ見てますと」声を掛けられ・・
嬉しいようで恥ずかしいようで・・ありがとう

1001_02 1001_04

 年明け早々から、家族と鹿島神社に初詣に3:00時頃に行っていたので、今年も新年早々ハードな一年になりそうです。
おみくじは小吉でした。

1001_01_2

1001_05_2

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »