« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月30日 (日)

リチウムイオン電池とラック製作

170730_02前回、移動運用の為、鉛のシールドバッテリーとFT-857のラックを作り、千ヶ峰に行ったが、さすが鉛のバッテリーでは、重さが10kgも有り、連日のこの暑さではザックに入れて頂上を目指す気がしなかった。

インターネットでバイク用のLithium Ion Batteryを見つけた。

型式LFP14L-A2は鉛のシールドバッテリーのYB14Lと互換性が有るようで、重さが1/4とかで試しに1個、安い鉛シールドバッテリーの値段より倍額だが送料込みで9.6Kでクリックしてみた。

バッテリーには過充電防止回路など電圧計まで付いている。
以前に、作ったラックの電池サイズが合わない為、丈夫なアルミ角材を使用して、一からラックの作り直しをする。

170730_05_2170730_01

170730_03_2今回は、簡単な図面を作成・・・
アルミ角材やフラットバーを鋸で切断、ドリルて穴加工する・・・今日も暑い・・・汗が出る

今回も、いろいろと工夫はする

ザックに入れる時はリグを立てて、取っ手部がリグのダイヤルなど保護するように、寸法をFT-857に合わせる。
また、運用時はリグの角度を自由に変えられるようにする。
その他、モービルのホイップも左右に取り付けられるようにして重さは前回の半分5kgと軽くなった。

170730_04_2これで、来週でも近くの山でもザックに入れて登り運用してみよう。リチウムイオンバッテリーが何処まで使えるか試してみよう。

(10Wで送信しても電圧降下が鉛バッテリーより少ないようだか、前回の鉛のシールドバッテリーも2年ぐらい前に買った少々くだびれてきているので、リチウムか鉛か運用してみないと判らない、ただしリチウムの方が12.8Vと鉛より0.8V高いのがどう影響するか?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月21日 (金)

千ヶ峰市原峠の東屋からCQ

170721_04今日の会社は有給休暇の一斉取得日でお休み・・・朝から千ヶ峰1005mに市原峠からハイキング・・・頂上に登る・・・
山頂から波を出せは良かったが、「鉛のバッテリーが重いのと」「晴天で30度越えで暑いので」と言い訳をして・・・・・
山頂から、市原峠に戻ってきて、市原峠に有る東屋から電波を出す。

ガーミンのGPSで見たら標高764m・・・

先週までに自作したFT-857の移動用バッテリーラックを持って行き、ダイポールアンテナを貼り、28.5Mhz、50.3Mhz、144.19Mhz、433.30Mhz付近で出力10WのSSBでCQを5回づつ出すが応答無し・・・・だけど、ノイズが全く無く静かだ・・・家ではこの時間帯ノイズだけでもS5~S9ぐらい振っているのと比較したら超静かだ・・170721_03_2170721_06_2

170721_0228.5Mhzはリグの表示のSWRは低いが50.5MhzのSWRが高そうで飛びが悪いのか・・・VHFとUHFはモービルのホイップなので飛んでいるみたいやし、VUのFMは賑やかに聞こえているのに・・・金曜日の11時頃は誰もSSBは聞いていないのかと・・・・
特にVUのみんながSSBで使っている周波数帯にコールを名乗らないトラックやダンプの運ちゃんらしいFM局か多く聞こえて平日の昼間はあかんね!

コンビニにおにぎりとカップラーメン作って食べて撤収する。

移動用のアンテナを作らなあかんね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 8日 (土)

FT-857移動運用ラックの製作

170708_04移動運用のTF-817を中古で探していたが程度の良いのが見つからず・・・・ネット楽天のポイント8倍と1.5kのクーポンで、新品を衝動買い・・・・ただしTF-857DMの50W機をクリックしてしまう。支払いは来月か?
総務省の電子申請で追加申請して、免許証票が送られてくるまでに、移動時のセッティング簡略化とバッテリー電源を一体化したラックを製作しようと。近くのホームセンターでアルミ材を買ってきて加工する。

鋸で切って、ドリルで穴あけ、面取りして、アングルはVカットして折り曲げバッテリーの箱に加工・・・・汗をかきながらゴリゴリと。

170708_01_2170708_02_2

170708_03おおまかな穴加工が終わったら組み立てをする。バッテリーのケースになる部分に緩衝用のスポンジやゴム脚を取り付け、アンテナMコネクターやバッテリー電圧計を組み込んだスイッチボックスを作り取り付ける。

なかなか穴位置が合わず、ヤスリで穴を削り、何とかアルミのラックのフレームを完成させる。

FT-857Dを取り付けると、バッテリーに少し当たってしまうので、リグの取り付け位置を再度穴加工して変更する。

リグのフロントパネルが見やすいように、リグが水平から垂直まで角度が自由に変えられるように、左右のネジで角度調整出来るようにした。

170708_08170708_07_3

電源は12V 7.2Ahのシールドバッテリー2個を並列につなぎ供給するようにした。

170708_06_2
これに5Wの太陽光モジュールを接続出来るようにして、総重量9.2Kgと何とか10Kgを切れたがバッテリーが重い。

今後、小遣い溜めて、リチウムイオンバッテリーに交換して軽くしよう!

170708_095Wのソーラーモジュールは気休め程度・・・FT-857は受信時でも1Aぐらい流れているので、最低でも20Wぐらいのモジュールがないとだめだ・・・

とりあえず送信出力を10Wに絞って運用してみよう・・・・・

早く、無線局免許証票来ないかな!

HFのダイポールアンテナやアンテナチューナーを作らなあんかな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »