« 50Mhzデルタループ | トップページ | やっとトンネルを抜ける »

2018年8月12日 (日)

訳が判らなくなったバラン作り

 

18081201_2お盆休みも始まり、移動運用と思ったが、まだまだ外は暑いし・・・ここ1ヶ月週末で製作しているバラン・・前回1:4のバランで50Mhzで実際にデルタループに取り付けるとSWRが悪くインターネットで検索していたら、1:4で上手く出来た方や1:2で上手くいった方が居り、アンテナのエレメントの扇形の開閉角度や素材や給電点の高さの違いで200Ω~100Ωになるようで、今回は1:2のバランを製作して組み込んだ。

ネットで1:2バラン製作記事を検索したら、3本の電線をネジって3組の線をトロイダルコアに巻きつける複雑な製作方法を真似ることにした。

近くのホームセンターで夏休みの工作用のコードを3色買って来て、ネットの記事を参考に3本線をネジって、コアに3組を巻きつける。18081202_2
18081203

18081204持ちのコアには、工作用コードで丁度良い感じになり、配線を間違わないように端子を取り付けハンダ付けする。


前回に製作したトロイダルコアを取り外し、新たに製作したコアを組み込み、アンテナ側に100Ωの抵抗を取り付ける
(100Ωの抵抗が無いので1kΩ10個並列)

アンテナアナライザーを取り付け各周波数のSWRと抵抗値を見るが低いHF帯は問題無いが50Mhz当たりはSWRの数値が悪いが、抵抗値は以前より高くなっている・・・・【なぜ】18081205


160m 1.00 44Ω
80m  1.00 45Ω
40m  1.00 50Ω
20m  1.11 54Ω
15m  1.15 42Ω
10m  1.20 31Ω
6m   3.38 84Ω

と言う結果で50MhzのSWRが高い(ショック)工作用コードでは高い周波数がムリかなと思いながら、ガレージでデルタループアンテナを組立て計測すると、SWR3.11で50Ωになった。前回と同じ条件なのでSWR1.9の13Ωから、抵抗値は50Ωとピッタリだが、なぜSWRが下がらないのか不思議だ。
今朝もEスポで7エリアがよく開けている。このアンテナでよく聞こえているが、4:1のバランの製作はエナメル線(ポリウレタン)を平行に巻いた方が50Mhzまで安定していた。今回の工作用コードをネジったバランでは28Mhzあたりまでが実用かなと思いながら、アンテナバラン製作にはまってしまったこの1ヶ月でした。・・・ただ問題は解決していないので、残り1個のコアにどう線を巻くかこの盆休みに悩んでみよう。

|

« 50Mhzデルタループ | トップページ | やっとトンネルを抜ける »

アンテナ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131681/67048014

この記事へのトラックバック一覧です: 訳が判らなくなったバラン作り:

« 50Mhzデルタループ | トップページ | やっとトンネルを抜ける »